果てなき地図〜「distant」ジャケット制作秘話!

妙です!

4thアルバムトレイラーや特設サイトをご覧いただいたみなさま、ありがとうございます!
ツアーのご予約もジワジワいただいてます。まだまだ受付中です。お待ちしてます!!

 

さて今回は、4thアルバムのフロントを飾る、素晴らしすぎるジャケットについて。

 



画家の石原麻伊さんの作品です。
2ndアルバム「pulsate」3rdアルバム「aware」に引き続き、taikaのために描き下ろしていただきました。
麻伊さんにより名付けられた絵のタイトルは「果てなき地図」

 

長文となりますが、この絵が完成するまでのやりとりを、ご紹介したいと思います。

 

***


まず決まっていたアルバムタイトル、収録曲の歌詞とデモをお渡しして、

最初にいただいたイメージは下記のようなものでした。

 

アルバムタイトル「distant」と、それに込められた想い、歌詞と、音を聞いて、いま浮かんでいるのが、タロットカードの「月」のような、イメージです。

これはどんな絵柄かというと、
空に、三日月にも満月にも見える明るい月が浮かんでいて、その光が地上に降り注いでいます。それを見て、イヌとオオカミは世界の終末と勘違いしてしまい、驚き、怯えています。ですが水の中のザリガニは、捕食者であるイヌとオオカミが呆気に取られているこのひと時を利用して、それまで生きていた場所から、新しい場所へ進むことができ、その道のりも、月が照らしている…という絵なのです。

タロット占いだと、満ち欠けする月が、物事を達成する際の不安とか、恐れを表している、ということですが、描かれているモチーフには、このような意味合いが込められているようです。

(中略)

distant、という言葉から、「道」を連想したのですが、そのまま「月」のモチーフを持ってくるのではなくて、曲を聴きつつ、再構成して、描こうと思っております。

 

タロットのカードに込められた意味ってこんなふうに深いのを知りませんでした。

「月」のカードの解説は、麻伊さんが教えてくれたこのサイトにも載っていたのでよろしければみてみてください!

http://www.lyrical.jp/library/tarot/major/major18.htm

 

そのあと、taika側でいただいたイメージにこんなふうにしてみては?とまとめてご連絡しました。

 

pulsateでフクロウ、awareで鹿を描いてもらったので、動物が何処かにいる、っていうのはいいなと思います!今回ならイヌとオオカミ?再構成したイメージの絵見てみたいです!

 

(中略)

 

あと私が浮かんだのは「扉」。新しい場所へ行くための象徴のようなかんじもあるし、曲の歌詞(LIBRA、夢はまだなお遠く)にもあるのでいいかなぁとか、、

 

扉は少なくてもひとつではなくて、無数にあってもいいかもしれない。遠くにある扉、近くにある扉、大きな扉、小さな扉、空にある扉、地底に続く扉、長い階段の先にある扉などなど、、、いろいろある。みたいなイメージとか、どうでしょうか。

 

よろしくお願いします!!


このあといくつかのやりとりを経て、最終版に近いラフとしていただいたのがこちらです!!

 

 

 

扉のような、窓のようなところから風景が見えている…という 魔法の部屋、空間のイメージです。

 

ラフすぎてわかりにくいと思うのですが、覗いている風景のモチーフは、左から 「月の光の道(distant)」「雪の結晶」「街」「楽園」 となります。それぞれ、歌詞に出てくるフレーズから連想したモチーフ、という感じです

 

(中略)

 

登場する動物は、オオカミ、それからクジャクでも描いてみました。クジャクは色合いが鮮やかで、絵に映えそうかなということと、「楽園」のイメージから着想しています。オオカミは、勝手にですが、『深淵の檻』の主人公(?)や「番人」のようなイメージを託しています。

 

このあたりで、イメージがだいぶかたまってきました、、!

 

登場する動物はオオカミがいいです!で、いまオオカミくん座っているんですが、例えば遠吠えしているみたいなのはどうでしょうか。

 

窓のような扉の向こうの風景について歌詞から着想を得てくださったということなので、ちょっと歌詞について補足させていただくと、、

 

(中略)

 

、、というところでしょうか!ばらばらと書いてしまいすみません。あんまり解説しちゃうとまいさんの絵のよさが薄れてしまうような気もしているのですが、、参考程度におもってくれれば大丈夫です!

 

なるほど。。いえいえ、世界観をわかって描いた方が良いので、とても参考になります。

 

私の方で、そのまま歌詞の再現みたいなイメージをジャケットに詰め込んでしまうと、全体で見たときにごっちゃり&見る人もお腹いっぱい、みたいになっちゃうかな、という思いもあり、絵で再現、というよりは、絵が音の世界への誘い、みたいな役割になると良いのかな?と考えております。その辺のバランスも、次のでまた見てくださいましたら幸いです。

 

そしてこのあといただいたラフがこちらです!!!

 

 

 

こちらは、オオカミが遠吠えしているバージョンとなります。オオカミに動きを出したことにより、全体にも動きが生まれるよう、扉のかたちなども、併せて描き直してみました。

 

前回は大きさのちがう扉を4つ描いていたのですが、今回、扉を同じ大きさし並ばせて、向こう側の景色がそれぞれ違う、というような絵になっております。 景色は違うのですが、空は繋がっていて、昼〜夜、の移り変わりというか、 異なる時間と空間が同じ世界にあるようなイメージで描きました。

 

もうこの時点で超素敵です、、、

 

こんなかんじで制作を進めていただきできたのが、今回の作品なのでした!!

 

麻伊さんが、曲と歌詞とに丁寧に時間をかけて向き合ってくださった、

素晴らしい作品であることが伝われば、と、

麻伊さんの許可を得てこのやりとりとラフをご紹介させていただきました。

 

麻伊さんのBLOGでも、触れていただいていますので、ぜひごらんください!

http://blog.maimai-ishi.com/?eid=77

 

麻伊さんのその他の作品は、こちらでごらんいただけます!

『石原麻伊 絵画室』

http://maimai-ishi.com/index.html

 

また、CDのブックレットや盤面には、このメインの作品以外にお願いして

描いていただいた麻伊さんのイラストも使用させていただいています。

こちらはぜひ、CDを手にとっていただき、お確かめください!!

 

***

 

長文のあとのお知らせで恐縮ですが、なんと!!

この作品!

 

11/4の東京ワンマンライブにて、原画の展示を行います!!

 

生で観れちゃうんです!!

 

本当に素敵なので、ぜひ、間近でみていただきたいです!!

ワンマンライブはご予約受付中ですー!!

http://www.taikaweb.jp/schedule.html

 

長文お付き合いくださりありがとうございました。